牧野泰彦 (茨城大学教育学部 教授)


略 歴
 1945年東京に生まれ、小中学生時代を三鷹で過ごす。
    東京都立立川高校で甲子圓を目指すも成らず。
 1964年、東京教育大学理学部地質学鉱物学専攻に進み、地質学を学ぶ。
 1974年に東京教育大学大学院理学研究科地質学鉱物学専攻修了、理学博士。
 1975年から茨城大学教育学部に所属、現在に至る。

研究活動
 主なテーマは、過去の自然環境を地層の形成過程などによって復元することである。
そのためには、現在の自然環境に精通していることが必要で、茨城県下の河川(那珂川、久慈川、鬼怒川、里川)や安倍川、
有明海の砂質干潟・諫早湾の泥質干潟などの調査・研究を行っている。
 地質時代の堆積物としては、古東京湾に堆積した下総層群を中心にあつかっている。

講 義
 [学 部]基礎地学、地質学、層位学及び同実習、地学実験、    地質学演習、地学野外実習、初等理科内容研究(分担)、水辺の自然環境(一般教育科目)  [大学院]地層学特論、地層学演習、地球科学演習、自然科学総合演習(分担)

社会的活動
 所 属 学 会
日本堆積学会
(現会長)、日本地質学会、日本ベントス学会、日本地学教育学会、
 The Geological Society of America,
 International Association of Sedimentologists,
 Society for Sedimentary Geology

研究室メンバー2003.4.1
  修士1年:金谷 晋「里川の地形と堆積物」
 4年次生:石嶋 明「久慈川の地形と堆積物」
 3年次生:平野 聖 未定

連絡先
 makinoy_at_mx.ibaraki.ac.jp (_at_ @ と読みかえてください。)
 電話: 029-228-8238
 Fax: 029-228-8329

最近の研究業績